Comic

Petとひと休み

アメリカの感謝祭『Thanksgiving Day』

今回は、いつもアメリカから助けてくれているヒューペルメンバーの1人にアメリカの大切なイベントについて教えてもらったのでご紹介します!
日本でも年々大きくなってきているイベントといえばハロウィンですよね。日本ではハロウィンが終わったらクリスマス🎄ですが、アメリカではその間にもう一つ大切な祝日があるそうです。
それが、感謝祭=『Thanksgiving』!

Thanksgivingの始まり

アメリカで毎年11月の第4木曜日に行われるThanksgiving Day。今年は11月25日(木)です。
何に”感謝”するのかというと、話は1620年まで遡ります。
新天地を求めピルグリムの人々が、メイフラワー号に乗ってイギリスからアメリカにやってきたのは1620年の冬。ろくに食べるものもなく多くの犠牲者が出ました。
そんな彼らに先住民のネイティブアメリカンが作物の栽培の知恵を授け、そのお陰で次の冬までには十分な食料を確保することができたのです。
ピルグリムの人々は、七面鳥や野菜、デザートをテーブル一杯に並べ、ネイティブアメリカンをディナーに招待し、神の恵みに感謝し共にご馳走をいただきました
これが感謝祭の始まりだとされています。

Thanksgiving Dinnerのメニュー

Thanksgiving Dinnerといえば、ローストターキー!
加えて、スタッフィングと呼ばれるローストターキーのつめもの、マッシュポテト、グレービーソース、クランベリーソース、グリーンビーンズ、そしてデザートにパンプキンパイ。
とても豪華なご馳走が並びます。
今では、Thanksgiving Dayと言えば、家族や友人が集まり一緒にお腹いっぱい食べて、アメリカンフットボールを観戦するのが典型的な1日の過ごし方だそうです。

ペットと暮らす人は注意も必要

みんなで楽しく食べるThanksgiving Dinnerですが、ペットに与えたり、ペットが誤って食べてしまうと危険なことがあります。
米国獣医療協会(America Veterinary Medical Association)では、「お家に一緒にいるペットへの注意を怠らないようにしましょう。」とペットへの安全についてアドバイスをしています。
例えば、ついつい美味しいターキーのお肉を可愛く見つめるペットに少しだけとあげたくなってしまいますが、動物にとって脂肪分の多いお肉・鶏皮などは消化するのが難しいとされています。
また、鳥の骨は消化器官を傷つける恐れがあり、チョコレートやお砂糖もペットにとっては大変危険なものです。
Thanksgiving Dinnerにかかわらずですが、お料理はペットが届かないところに、またごみ袋もしっかり閉めてすぐにごみ箱に捨てておきましょう。
さらに、お花などでテーブルを彩る場合は、飾る植物の中にもペットにとって毒性があるものもあるので注意が必要です。
毒性があるものとしては、例えばアマリリスや紫陽花があります。
万が一、それらを食べてしまい具合が悪くなってしまったら、アメリカではASPCA Poison Control Hotlineに電話するようにアドバイスしているそうです。
ご馳走だけでなく普段の食事から、ペットに食べられてしまわないよう十分に気を付けてあげてください。

『ブラックフライデー』で感謝祭の後はショッピング

日本でもたびたび聞くようになった『ブラックフライデー』。
Amazonさんで毎年行われ、最近では日本のショッピングモールでも見かけるようになりました。
日本でも聞きなれてきた『ブラックフライデー』は、感謝祭の翌日の金曜日に行われる大規模なセール。
アメリカでは、各地で激安セールが開催され、さらに朝6時からオープンするというお店も多く、お目当てのものを求めて真夜中から外で並ぶことも名物になっているそうです。

まとめ

アメリカでの大切なイベント『Thanksgiving Day』はいかがだったでしょうか。
クリスマスやハロウィン同様、今後日本でも取り入れられてくるかもしれませんね。その際は、ペット用に別のご馳走を作ってあげると一緒に楽しめそうです😊
また、クリスマスも控えているので、今週末はブラックフライデーを活用してお買い物を楽しんではいかがでしょうか。
ヒューペルもすみれとなつめへのプレゼントを探したいと思います!

関連記事