Blog

Pet紹介シリーズ
ヒューペルの日常

スタッフPet紹介vol.3 タヌキに似ている柴犬タキくん

こんにちは!
今回は、HuPeleメンバーの実家で暮らす柴犬の「タキ」をご紹介します🐾

タキは10歳くらいの柴犬の男の子です。
名前の由来はタヌキのように丸々と太っていた(保護施設でいっぱいご飯を貰っていたようです)ので、タキと名付けました。

先代犬が病気で亡くなってしまい、次の子を迎えようか悩んでいる時に家の近くに保護犬施設あると知り、そこでタキと出会いました。

保護施設には多くの犬猫がおり、中には傍に寄ってくるような人懐っこい子もいましたが、タキはずっとケージの中から出ずに私たち家族の様子を伺っていました。
お世話をしている方に話を聞くと、タキは迷子になっていたところを保護されたそうで、捕獲された時の恐怖からなのか人がとても怖いようでした。
他にもたくさんの犬がいた中で、父がこの子にしようと言い、タキを迎えることになりました。

こうして家族に迎えたのですが、最初はケージから出ずご飯も食べてくれず、撫でると怯えて足が震えていました。
また、散歩に連れていってもガソリンスタンドの前にある旗やのぼりなど、風で揺れるものが怖いようで歩いてくれず、上手く散歩が出来ない日もありました。

そのため、私たち家族はタキが安心して暮らせることができるよう、ケージをコルクマットで囲って人目につかないようにしたり、毎日違うご飯やおやつをそっとケージの中に置いてみたりしました。

↑我が家に迎えたばかりのタキ

とってもビビりな性格のタキが生活に慣れてくれるまで時間はかかりましたが、今ではいたずら好きでやんちゃな可愛い子です🐕

今は一人暮らしのため、タキとは離れて暮らしていますが、実家に帰るときは「今日はどんなふうに出迎えてくれるのかな」と楽しみにしています。
遠くからですが、これからも元気で過ごしてくれるよう毎日見守っています。

タキちゃん、我が家に来てくれてありがとう😊

関連記事