Info

Petに関する知識

ペットと家族の健康:肥満-米国のペットのシビアな問題

米国の犬と猫の半数以上は、太り過ぎ!

2018年にThe Association of Pet Obesity Prevention(APOP・ペット肥満予防協会)が実施したペットペアレンツと獣医師を対象にした調査によると、犬の55.8%そして猫の59.5%が過体重か肥満という結果になりました。

全米で約5,000万匹の犬、約5,600万匹の猫が太り過ぎという事になります。

 

ペットの体重増加の傾向もAPOPのデータを見るとわかります。
2013年の調査時には肥満犬の割合は16.7%でしたが、2018年には18.9%となっています。また、肥満猫の割合は2013年は27.4%となっておりましたが、2018年には33.8%と増えておりました。

大切な家族であるペットたちの肥満増加について、「何か手をうたなければ」と考えているペットペアレンツは多くいるようです。

APOPのデータによると、約80%近くの獣医師そして68%のペットペアレンツが、“ペットの減量のために何かしらの努力をした”と答えており、食事のカロリー量を減らしたり、運動量を増やしたり、低カロリー・低脂肪のご飯を試してみたりというような方法を実践していました。

ペットペアレンツに対し、どのような減量方法が効果的だったかという質問をしたところ、“食事のカロリー量を減らした場合、大変効果があった”と答えた方が38%、“運動量を増やした場合、大変効果があった”と答えた方は36%でした。一方で、“低カロリー・低脂肪のペットフードを与えた場合、大変効果があった”と答えたのは9%、ダイエット用の療法食を与えた場合、大変効果があった”と答えたのは13%と低い数字となっています。
ぺットの健康のためいろいろな努力をしているペットペアレンツたちですが、その事実とは裏腹に、結果を得るのは難しいようです。

「獣医師からペットの食事についてアドバイスが欲しいですか?」という質問に、ペットペアレンツの68%が“アドバイスが欲しい”と回答しています。しかしながら、「前年の検診時に獣医師がペットの食事管理についてアドバイスをくれました」と答えたペットペアレンツは、残念ながら38%にとどまっています。加え、20%が“こちらから獣医に質問しなければならなかった”、40%が“獣医師から食事に関するアドバイスはなかった”と答えています。

ペットペアレンツの3分の2は“獣医師はペットと栄養について知識が豊富”と答えていますが、20%は“そうとは思えない”13%は“わからない”としています。

更に“ペットの食事管理について誰から良いアドバイスをもらいましたか?”という質問に対し、回答は、(1) 小動物病院、(2)オンライン・インターネット・ウェブサイト、(3)ペットショップや友人、(4)トレーナー、(5)ブリーダー、(6)グルーマー、(7)その他というランキングになりました。

これらの調査結果を経て、APOPの創設者、Ernie Ward氏は「ペットペアレンツだけでなく小動物の専門家もペットの栄養管理についてまだまだ知識不足です。そのためペットが安全に理想体重になかなか到達しないのです。」とToday’s Veterinary Practiceで述べています。

「ペットの健康は、食べ過ぎやお昼寝のしすぎですまされるほど単純なものではありません。ペットの肥満は、ライフスタイルやホルモンバランスの乱れ、遺伝要因や腸内細菌叢が原因となる事があるのです。獣医師は、“食事を減らして運動”だけでなく、もっとペットの肥満についての対応策を学んで欲しい。ペットペアレンツはペットのダイエットに関する情報があり過ぎて困っているのが現状なので、獣医師からの的確なアドバイスを求めているのです。」とWard氏は括っています。

米国では人だけではなくペットも体重増加と肥満というシビアな問題にぶつかっているのです。

参照リンク:

https://petobesityprevention.org/2018
https://todaysveterinarypractice.com/u-s-pet-obesity-rates-are-unchanged-conflicting-weight-loss-advice-grows/
https://www.fda.gov/animal-veterinary/animal-health-literacy/one-health-its-all-us
https://www.usatoday.com/story/news/nation/2019/03/12/pet-obesity-majority-us-cats-and-dogs-obese-overweight/3129342002/