Blog

ヒューペルの日常

保護猫を家族に すみれとなつめ

こんにちは!
SNSをご覧になってくださっている方はすでにご存じかと思いますが、この度HuPele(ヒューペル)は保護猫だった2匹の子猫を家族に迎え入れました。

白い毛色に縞模様のすみれちゃんと茶色い毛色に縞模様のなつめくん

名前の由来は、私たちヒューペルのコンセプトでもある、「笑顔」「幸せ」「健康」といった願いを込めて付けました。
また、すみれとなつめは5月20日が誕生日なので、5月頃に花を咲かせる植物からとってきました。

すみれ🌼

ヒューペルの名前の一部でもある”smile”を日本語読みすると…
そう、すみれと読めるのです!
スミレの花には「小さな幸せ」「誠実」といった花言葉があり、西洋ではバラやユリと一緒に理想の女性としても表されているのだとか。
可愛らしく強い花であるスミレの花のように育ってほしいと思います。

なつめ🌻

赤い実をつけるナツメは淡い黄色い花を咲かせるのですが、なつめの目の色も黄色なのです。
ナツメには「健康」「あなたの存在は私の悩みを軽くします」といった花言葉があり、私たちヒューペルメンバーの癒しである存在にピッタリだと思いました!
いつまでも健康に過ごせるようにと想いを込めました。

すみれとなつめには、ハレノテラスにて行われた保護猫譲渡会に参加した時に出会いました。
埼玉の岩槻にあるカフェで保護猫活動をしているタマコチさんにて保護された兄妹で、とっても仲良しです。
保健所はもちろんですが、タマコチさんのように保護活動や里親探しをしている方々も沢山います。これからワンちゃんネコちゃんを家族に迎え入れることを検討している方は、保護犬や保護猫の子たちの里親になるという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

これからSNSやこのヒューペルの日常で、すみれとなつめの成長をお届けしていきたいと思います!
是非SNSもフォローしていただけたら嬉しいです。

Twitter  Instagram  Facebook  LINE

関連記事