Blog

ヒューペルの日常

HuPeleスタッフ紹介

「Petとヒトが共に笑顔で暮らせる世界を」そんな想いを胸に全力でHuPeleスタッフをご紹介!

 

H.A

福岡で生まれ、福岡の大学で化学を専攻し、ミヤリサン製薬の入社と共に上京してきました。人生の大半を福岡で過ごしたのでとても大好きな都市です。人生の大半を福岡で過ごしたと書かせていただきましたが、皆様に自己紹介するうえで私の福岡での生活にはPetと共に暮らしていた事実は欠かせません!
幼いころひよこを飼いたいとかなり駄々をこねた妹と私に両親が根負けし、ボタンインコであるララとリリとルルが家族に加わりました。また、小学生の時、私が道路で弱っている野鳥を保護してきたピーちゃんも大事な家族の一員です。(本当はしてはいけないことなのですが、小学生の時の私は何も考えず保護してしまいました、、、)
4年前に1番長生きしたララが亡くなってしまいましたが、お別れは人生の中でも特に悲しかった出来事の一つです。現在、私は1人暮らしなので、Petと共に暮らしてはおりませんが、最近家族に加わった福岡の実家で暮らしているオカメインコのゆずを溺愛しております。機嫌が良いと鼻歌を歌ってくれる姿がとてもかわいいのですが、ゆずについてはまた別の記事でご紹介させていただきます。
かけがえのない存在であるPetと皆様がトモに笑いあえるように価値ある情報や、製品を責任をもって誠心誠意でお届けさせていただきますので、今後とも末長いお付き合いをしていただけると幸いです。

 

J.K

入社1年目からHuPeleに関わらせていただき、初めてで分からないことに戸惑いながらも明るく良いメンバーに恵まれ、日々活動しています。
私は小さい頃から動物が大好きでした。3歳の頃、兄が通っていた幼稚園でウサギに指を噛まれて針で縫う怪我をしても、懲りずに一人で三輪車に乗って行き行方不明騒動を起こすくらい動物を求めていました。
そして小学生の頃、母が見つけてきた習い事の乗馬に夢中になります。馬に乗るだけでなく、自分で掃除や世話もする少年団で、動物に触れたい私の性格ではそこがまた楽しさの一つでした。通っていたところが途中でなくなってしまいましたが、高校と大学を「馬術部があるところ」で探して部活として再開しました。忙しい毎日で、特に大学では自分達で馬に掛かるお金を稼ぎながら活動していたため、大変なこともたくさんありました。しかし、パートナーであり個性豊かな可愛い馬たちに支えられ、癒されながら楽しく活動していました。
馬の話ばかりになってしまいましたが、実家では元気なおばあちゃん犬を飼っています!紹介はまた別の記事で🐕
私にとって動物たちは自分を支えてくれる存在で、今までたくさんの幸せをもらってきました。私はそんな動物たちに幸せを返したいと思っています。HuPeleでは、皆様と皆様の大切な存在であるPetが笑顔で暮らす支えになれるよう頑張っていきます。

 

R.K

動物の健康を支える仕事につきたい、という想いから2019年にミヤリサン製薬に入社し、1年目の内からHuPeleの立ち上げに参加させていただいています。HuPeleスタッフは全員動物好きで、同じ想いを持つメンバーと共に活動する毎日はとても充実しています。
動物好きな両親の元で育った私の周りには、幼い頃からハムスターや熱帯魚、昆虫など様々な種類の動物がいました。姿形も生態も私たちと異なる彼(彼女)らとの生活は少し大変だと思うこともありましたが、それ以上に彼らと過ごす日々は楽しく幸せでした。その経験から、今では私も立派な動物大好き人間となりました。現在は実家にアメリカンカールの”リー”とスコティッシュフォールドの”むぎ”が、一人暮らしの家には熱帯魚であるベタの”ちょみお”が住んでおり、いつも私の心を癒やしてくれています。彼女(彼)達は嬉しい時も悲しい時もそばに寄り添ってくれていて、一緒に過ごし、いつも傍らにいる温かい存在に私は何度も救われてきました。そんな大切な家族に私も恩返しをしたい、少しでも長く幸せでいてほしいと思うようになったのは必然だったように思います。
「人と動物という1つの家族が、より長い時間を共に笑顔で過ごせる社会を作りたい」そんな想いを実現させるため、HuPeleスタッフの一員として全力を尽くしてまいります。

 

K.K

上記で紹介させて頂いた2名とは同期で入社し、ヒューペル発足まで共にした仲間です!
大学では地元東京にて畜産について学んでおりました。入社してすぐにHuPeleの立ち上げに携わらせて頂き、畜産をやっていたのに小動物!?と困惑しておりましたが、小さいころから祖父母の家にいた犬や猫に囲まれて育った私にはもってこいの環境でした。
現在、私の周りには祖母宅のワンちゃんしかいませんが、時間さえあればスマホで犬猫の可愛い画像、動画を見ることが大好きです!
そのような日々の癒しであるPet達の健康や笑顔を守るために私たちHuPeleは活動します。健康を守れなかったときの悔しさを知っている私だからこそ、沢山のヒトとPetの幸せの為に邁進してまいります。

 

A.M

私は小さい頃に、父親が毎週のように動物園に連れて行ってくれたことがきっかけで、動物が大好きになりました。趣味は動物園巡りで、休日には栃木県や愛知県、兵庫県など全国の動物園を訪問しています。
そんな動物が大好きという想いから、2021年4月にペットとヒトの健康に貢献しているミヤリサン製薬に入社し、2021年10月からHuPeleスタッフの一員として活動しております。
現在は一人暮らしのため動物を飼うことはできませんが、小さい頃から実家ではハムスター、ヤドカリ、熱帯魚、カブトムシなど多くの生きものに囲まれて育ち、現在は柴犬を飼っています。名前はタヌキに似ているので、タキと名付けました。タキとは5年前に保護犬施設で出会いました。迷子になっていたところを保護されたので、最初はとても臆病で撫でることも出来ませんでしたが、今では私が実家に帰ると毎回大喜びで出迎えてくれます。
タキについてはまた別の記事で詳しくご紹介させていただきます!
これからも家族の一員であるペットが健康で暮らせるよう、安心安全な商品を届けてまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

M.Y

私は小さい頃から動物が好きで、高校や大学は動物系があるかどうかで選択してまいりました。そして大学では畜産学科に入り、畜産について学んでまいりました。
その後ミヤリサン製薬に入社し、2021年10月からペット部門であるHuPeleスタッフの一員となりました。ペット分野においては畜産学の考え方と異なっており、当初は少し戸惑いました。しかし、動物が好きという概念は変わっておらず、今では可愛いワンちゃんネコちゃんのために活動できることがとても楽しいです。
また、私の実家にはとても怖がりでとても可愛い柴犬の男の子がいます。その子の事はまた別の記事で紹介させていただきます!
今後も飼い主さんとペットが笑顔で生活していけるよう尽力してまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

E.U

幼い頃、私は祖父母宅やご近所さん宅で飼われていた犬たちと戯れて育ちました。実家には常にカブトムシやカメ、金魚などがおり、両親はよく動物園にも連れて行ってくれました。それが私の動物好きの根底にあります。今も私の動物好きは加速していくばかりで、どこにいても散歩中の犬を見つける“犬センサー”が働くほどです。
動物関連ということで生物の勉強だけは好きでしたので、大学は生物系に進みました。大学での勉強を生かし、動物のために活動したいという思いを叶えるべく、20224月にミヤリサン製薬に入社しHuPeleスタッフとなりました。
現在、動物は飼っていないものの、実家でのんびりと暮らしているカメの写真を見たり、猫カフェや動物園に行ったりして、日々癒しをもらっています。
飼い主さんとペットを笑顔にするために全力で頑張りますので、よろしくお願いいたします!

 

N.I

Hello from Los Angeles!
「HuPele・ヒューペル」は、ミヤリサン製薬から誕生したコンパニオンアニマルのブランドです。生まれたてホヤホヤですが、若いメンバーを中心に毎日進化しています。私は米国子会社ミヤリサン製薬アメリカに務めており、オフィスはロスアンジェルス国際空港から車で南に10分ぐらい行った所にあります。そこから海外、特にアメリカのペット事情についていち早くメンバーに伝える事が私の役割ですが、年の頃からHuPeleメンバーのお母さん的存在です。
日本で高校を卒業して直ぐに渡米。大学・大学院を経てそのままアメリカに居着いてしまいました。現在、娘と犬息子の3人(?)で暮らしています。
2014年1月、今の犬息子ビンセントの里親になりました。当時7ヶ月ぐらいだったビンセントは、ゴルフ場でさまよっていたところをレスキューされたそうです。それまでろくに食べていなかったからか、Food Aggression(食物攻撃)が凄く、毛並みもザラザラでした。それが今ではすっかり落ち着いて毛もツヤツヤのハンサム君です。そして彼は75%⁈ シーズー犬という事がわかりました(犬の遺伝子検査テストやりました!)
かけがえのない家族と健康で笑顔いっぱいで生きていくために何が出来るのか、太平洋の向こう側からみなさんと一緒に考えていけたらなと思っています。

スタッフ一同、皆さまと皆さまの大切なPetの健康と笑顔を支えられるよう、日々活動して参ります。

関連記事