Info

暮らしと健康

ペットのお留守番には暑さ対策を

7月が目前となり、最近は段々と気温が高くなる日も増えてまいりました。関東でも日中は30℃近い気温になる日もあり、お家でお留守番をしているワンちゃん・ネコちゃんの事が心配になるかと思います。
今回は、大切なワンちゃん・ネコちゃんが熱中症にならないために、ペットのお留守番時の暑さ対策をご紹介したいと思います。

初めに

ワンちゃん・ネコちゃんは体が毛で覆われており、体温調節が苦手です。そのため、人間にとっては問題がない気温でも熱中症を引き起こし、最悪の場合命にかかわる事態になります。そうならないよう、飼い主が正しい知識を身につけてしっかり対策をしてあげましょう。

エアコンをつける

エアコンの設定温度はペットの体調にもよりますが、自動運転か25℃前後の設定が良いと言われております。また、エアコンのリモコンがワンちゃん・ネコちゃんに勝手に操作されないよう、置き場に気を付けましょう。

水分補給

お留守番中に飲み水がなくならないように注意してください。また、お皿からのみの給水ですと、お水を倒してこぼしてしまう可能性もありますので、複数用意しておくと安心です。

日光に注意する

直射日光が当たると、一気に室温が上がる可能性があります。もし、ワンちゃん・ネコちゃんをゲージに入れてお留守番させる場合には日光の当たる窓辺は避けましょう。また、やむを得ず窓辺になってしまう場合は、遮光カーテンやすだれなどを活用しましょう。

 

今回ご紹介した対策以外にも、ひんやりグッズや保冷剤などを活用した対策がありますので、我が子に合った方法を試してみてください。
熱中症は防ぐことのできる病気ですので、対策を万全に行い、夏を元気に乗り切りましょう。

↓獣医師執筆記事「熱中症にご注意!!犬と猫の熱中症について」はこちら
https://hupele-miyarisan.com/media/inutonekononettyuusyyo/

関連記事