Info

暮らしと健康

黄色のリボンや小物が目印!イエロードッグプロジェクトって知ってる?

イエロードッグプロジェクトをご存知でしょうか?
この活動は2016年6月にスウェーデンで発足したプロジェクトです。
イエロードッグとは、黄色いリボンや小物などをリードに付けることで「飼い主さん以外の人や他のワンちゃんに近づいてほしくないよ」と示しているワンちゃんのことを指します。

近づいてほしくない理由は様々で、下記のようなことが挙げられます。

「健康上の理由」
 手術後の回復期や怪我の悪化を防ぐ目的です。
「トレーニング中」
 盲導犬や介助犬等の使役目的の訓練の際、不用意に近づかれると集中力が削がれてしまう場合があります。
「社会復帰の訓練中」
 過去に虐待等で社会性が無いワンちゃんを人間社会になじませるための訓練中です。その場合、社会化が不十分であるため、人やワンちゃんに怪我をさせてしまう場合があります。
「他のヒトやワンちゃんが苦手で、強く反応してしまう」
 他の人やワンちゃんが近づくと興奮し、パニックになってしまう場合があります。

特に「社会復帰の訓練中」の子は保護犬に多く見られます。
この目印によって飼い主さんが周りに説明することなく、その子の性質を一目で伝えることができるのです。

しかしながら、この活動には注意しなければならない事もあります。
それは飼い主さんが安易に愛犬をイエロードッグとして扱ってしまう事です。ワンちゃんの生活において他者との関わりはとても重要なものです。その社会化の機会を奪ってしまう事の無いよう、飼い主さんがしっかりと判断してあげてください。

現在、このイエロードッグプロジェクトはアメリカやイギリス、フランス、日本などのアジア、南米、南アフリカと様々な国で広がりつつあります。ワンちゃんがお散歩していると可愛くてつい触りたくなってしまいますが、もし黄色い目印をつけていたらその子からは距離を取ってあげましょう。

日本ではまだまだ目にする機会は少ないですが、素敵な活動が広がればいいなと思います。
以上、イエロードッグプロジェクトのご紹介でした。

参照リンク
https://www.theyellowdogproject.com/
https://www.facebook.com/TheYellowDogProject/

 

関連記事